戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖

第62回企画展「お城のリユース―信長・光秀・秀吉・家康―」

  • 未分類
R2natuten-r-3.jpg

戦国時代の近江には、守護である六角氏をはじめとして、明智光秀、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も城を築きました。なかでも信長の安土城は、以後の城のモデルとなりますが、すべてがオリジナルではなく、既存の城だけでなく寺社もリユースしていました。

城におけるリユースは、信長だけでなく秀吉や家康も行っています。そして、彼らが築いた城が廃城になると、再びリユースされました。

本展では、天下人たちが築いた城を、リユースの視点でたどりながら、城の発掘調査で出土した資料、城の遺構や今も残るリユースされた城の建物を写真パネルで紹介します。

開催期間
  • 2020年7月18日〜2020年9月13日

9時~17時(入館は16時30分まで)

定休日
2020年8月31日(月)、9月7日(月)
開催場所
近江八幡市安土町下豊浦6678

滋賀県立安土城考古博物館 企画展示室

最寄り駅
JR琵琶湖線「安土」駅 徒歩で約25分、レンタサイクル10分、平日は安土駅南広場より1日6便コミュニティバスで10分
参加料金
大人600(480)円、高大生360(290)円、小中生無料 ※障害のある方および県内在住の65歳以上の方は無料です。 (ただし証明書の提示が必要) ※( )内は20名以上の団体料金です。
予約
不要

お問い合わせはこちら

滋賀県立安土城考古博物館

【電話番号】
0748-46-2424
【Eメールアドレス】
gakugei@azuchi-museum.or.jp